在留資格

外国人の親の日本への招聘

投稿日:

こんにちは国際行政書士の市位です。

外国人の親を日本に連れてきたいという相談が増えています。
しかし、親を日本に連れてくる場合に該当する在留資格(ピザ)がないので、
原則として親を日本に読んでくる事は難しいのが現状です。

 

しかし何事にも例外があります。

「特定活動」と言う種類の在留資格に該当するケースがまれですがあり得ます。

この「特定活動」というものは法務大臣が特別の決定をすることにより認められるものです。

もし、下記のポイントに該当してるのであれば外国人の親を日本に招聘できる可能性があります。

 

ポイント

  • 親が身寄りの無い65歳以上であること
  • 本国には親を面倒みる兄弟親戚がいないこと
  • そしてそのことを証明できること
  • 親を養うだけの十分な金銭的なお金・財産があること

 

以上が親を日本に呼んでくる場合のポイントとなります。

*「特定活動」は非常に厳しい在留資格なので認められることは困難です。

 

在留資格や外国人を雇い入れる場合のご質問などを受け付けています

https://startup-law.jp/contact

追伸:外国人ビザはお任せください

行政書士デルタ法務事務所は、日本に滞在している外国人の在留資格・ビザ申請をサポートしています

日本でビジネスがしたい、国際結婚がしたい、ビザを変更したい、更新したい、永住権がとりたい、帰化申請がしたいなど毎日様々なお問い合わせをいただいております

また北は北海道、南は沖縄から、都心部の東京、神奈川(横浜)、埼玉、千葉の首都圏をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸、西宮、姫路)、和歌山、奈良、滋賀の近畿地方、そして、愛知・名古屋、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。

ビザ申請は一人一人状況が異なるので、提出書類や申請書、審査のポイントなどが全員異なります。

私たちは日本全国のビザ申請をサポートしている行政書士事務所です

だからこそあなたに適したアドバイスや書類の作成方法などができると考えています。 外国人のビザ申請は行政書士デルタ法務事務所にお任せください。 LINE@

-在留資格

Copyright© 行政書士デルタ法務事務所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.