起業

退職後の医療保険の手続

投稿日:

退職すると会社の社会保険も辞めることとなります。
健康保険証も返却することとなるので、医療保険に自分で入る必要があります。

退職後に加入する医療保険の選択肢は3パターンあります。
3つの選択肢から自分に遭った医療保険を選びましょう。

国民健康保険

原則として、退職後14日以内に住所地の市区町村役場で手続をします。

手続は簡単ですが、会社を退職したことがわかる書類が必要となります。

会社を辞めた後に国民健康保険に加入しようと考えている場合には、予め会社から社会保険の資格喪失届のコピーを貰っておくと手続がスムーズにいきます。

任意継続

退職した会社の健康保険に退職後も引き続き加入できる制度が任意継続です。

会社が健康保険組合に加入していれば、その健康保険組合の保険窓口で手続をします。

国が運営している健康保険に会社が加入している場合には、自分の住所地を管轄する全国健康保険協会の都道県支部で手続をします。

手続は退職後20日以内に行わなければなりません。
1日でも過ぎると任意継続の手続が出来ないので注意してください。

任意継続制度は最長2年間加入することが出来ます。

 

家族の扶養に入る

家族の扶養に入る場合には、扶養者の勤務先に届出をして、扶養家族になったことを伝えて手続をします。

この場合には、保険料はかかりません。

 

どの制度に加入すべきか

家族の扶養に入れば、保険料は必要ありません。

国民健康保険と任意継続では保険料の計算が異なるので、保険料が比較して安い方でよいかと思います。

ただし、任意継続は2年間しか加入できません。

追伸:外国人ビザはお任せください

行政書士デルタ法務事務所は、日本に滞在している外国人の在留資格・ビザ申請をサポートしています

日本でビジネスがしたい、国際結婚がしたい、ビザを変更したい、更新したい、永住権がとりたい、帰化申請がしたいなど毎日様々なお問い合わせをいただいております

また北は北海道、南は沖縄から、都心部の東京、神奈川(横浜)、埼玉、千葉の首都圏をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸、西宮、姫路)、和歌山、奈良、滋賀の近畿地方、そして、愛知・名古屋、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。

ビザ申請は一人一人状況が異なるので、提出書類や申請書、審査のポイントなどが全員異なります。

私たちは日本全国のビザ申請をサポートしている行政書士事務所です

だからこそあなたに適したアドバイスや書類の作成方法などができると考えています。 外国人のビザ申請は行政書士デルタ法務事務所にお任せください。 LINE@

-起業

Copyright© 行政書士デルタ法務事務所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.