起業 退職

個人事業者は国民年金に加入します

投稿日:

会社員の間は、厚生年金に加入していたため、国民年金においては、第2号被保険者という立場でした。

しかし、会社を退職し個人事業主になると、厚生年金からは脱退して、国民年金の第1号被保険者となります。

国民年金

国民年金には、自営業者だけでなく、厚生年金などの加入者とその配偶者など20歳以上の日本人全てが加入します。

もし、国民年金だけで不安な方は、国民年金基金という制度があります。

強制ではありませんが、老後のための積立を行う制度です。
掛け金は経費となり、老後に上乗せの給付を受けることが出来ます。

厚生年金

厚生年金が適用される会社に務めるサラリーマンは、国民年金と厚生年金の2つの年金加入します。

 

共済年金

公務員は国民年金と共済年金の2つの制度に加入します。

 

国民年金の給付には、老後の給付である老齢基礎年金、障害になった時の給付である障害基礎年金、遺族への給付である遺族基礎年金があります。

 

追伸:外国人ビザはお任せください

行政書士デルタ法務事務所は、日本に滞在している外国人の在留資格・ビザ申請をサポートしています

日本でビジネスがしたい、国際結婚がしたい、ビザを変更したい、更新したい、永住権がとりたい、帰化申請がしたいなど毎日様々なお問い合わせをいただいております

また北は北海道、南は沖縄から、都心部の東京、神奈川(横浜)、埼玉、千葉の首都圏をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸、西宮、姫路)、和歌山、奈良、滋賀の近畿地方、そして、愛知・名古屋、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。

ビザ申請は一人一人状況が異なるので、提出書類や申請書、審査のポイントなどが全員異なります。

私たちは日本全国のビザ申請をサポートしている行政書士事務所です

だからこそあなたに適したアドバイスや書類の作成方法などができると考えています。 外国人のビザ申請は行政書士デルタ法務事務所にお任せください。 LINE@

-起業, 退職

Copyright© 行政書士デルタ法務事務所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.