スタートアップ支援 会社設立手続

定款をつくる際の考え方

更新日:

東京

会社をつくる際にまず取り掛かることは定款の作成です。

定款とは、会社の規則であって、
会社の商号や本店所在地、取締役、資本金などの
基本的な情報を記すことになります。

 

また、取締役会監査役設置会社や委員会等設置会社などの
会社の機関設計や、株式の種類(譲渡制限株や黄金株)、
取締役の任期など、様々なことをきめることとなります。

 

このように、定款作成というのは会社の根幹を決める設計図なので
とても大切なのですが、
実際にはインターネットに落ちている定款を拾ってきて
書き加える程度のことしかやっていないベンチャー企業が多かったりします。

 

後程、株主総会で変更することも可能なのですが、
会社の根幹をなすのが会社定款なので、
シッカリと内容を把握しておくことをお薦めいたします。

追伸:外国人ビザはお任せください

行政書士デルタ法務事務所は、日本に滞在している外国人の在留資格・ビザ申請をサポートしています

日本でビジネスがしたい、国際結婚がしたい、ビザを変更したい、更新したい、永住権がとりたい、帰化申請がしたいなど毎日様々なお問い合わせをいただいております

また北は北海道、南は沖縄から、都心部の東京、神奈川(横浜)、埼玉、千葉の首都圏をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸、西宮、姫路)、和歌山、奈良、滋賀の近畿地方、そして、愛知・名古屋、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。

ビザ申請は一人一人状況が異なるので、提出書類や申請書、審査のポイントなどが全員異なります。

私たちは日本全国のビザ申請をサポートしている行政書士事務所です

だからこそあなたに適したアドバイスや書類の作成方法などができると考えています。 外国人のビザ申請は行政書士デルタ法務事務所にお任せください。 LINE@

-スタートアップ支援, 会社設立手続

Copyright© 行政書士デルタ法務事務所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.