スタートアップ支援 会社設立手続

ベンチャー企業が株式会社を選択する2つの理由とは

更新日:

ベンチャー企業が株式会社を選択する理由

brooklyn_bridge_downtown_manhattan_and_freedom_tower_blue_hour_20007101110

 

ベンチャー企業は株式会社で会社設立をします。
それは何故でしょうか?

株式会社以外にも合名会社、合資会社、合同会社と会社法には4種類の会社が規定されています。

4種類の中で株式会社で設立する理由を考えてみましょう。

1. 所有と経営の分離 持分会社

まず、株式会社以外は持分会社と言われてい形態をとっています。

持分会社の特徴は、出資者でなければ業務執行を行うことができません。

つまり所有と経営が合致しています。

株式会社は、所有と経営が分離しているので、
株主が誰であろうと関係なく業務執行をおこなうことが
できます。

そして、合名会社と合資会社は
無限責任となります。

この時点で、ベンチャー企業が設立する形態としては
向いていなといえます。

合同会社は株式会社と同様に、
出資した限度以上に責任を負わない
有限責任であることや、
株式会社以上に定款自治が認められています。

そのため、ベンチャー企業は
合同会社で設立することもあり得ます。

実際、合同会社の生みの親である
アメリカでは合同会社の数が伸びています。

2. 新株発行ができるかどうか

 

しかし、株式会社との決定的な違いがあります。
それは、株式を発行できないことです。

つまりは、、株式を発行して資金調達ができないのです。
前回説明しましたエクイティファイナンスと言うやつです

新株発行できない以上、株式上場ができないので、
ベンチャー企業としては株式会社1択となります。

追伸:外国人ビザはお任せください

行政書士デルタ法務事務所は、日本に滞在している外国人の在留資格・ビザ申請をサポートしています

日本でビジネスがしたい、国際結婚がしたい、ビザを変更したい、更新したい、永住権がとりたい、帰化申請がしたいなど毎日様々なお問い合わせをいただいております

また北は北海道、南は沖縄から、都心部の東京、神奈川(横浜)、埼玉、千葉の首都圏をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸、西宮、姫路)、和歌山、奈良、滋賀の近畿地方、そして、愛知・名古屋、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。

ビザ申請は一人一人状況が異なるので、提出書類や申請書、審査のポイントなどが全員異なります。

私たちは日本全国のビザ申請をサポートしている行政書士事務所です

だからこそあなたに適したアドバイスや書類の作成方法などができると考えています。 外国人のビザ申請は行政書士デルタ法務事務所にお任せください。 LINE@

-スタートアップ支援, 会社設立手続

Copyright© 行政書士デルタ法務事務所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.