オーバーステイして入管に行くとどうなるか?出国命令制度

ビザのオーバーステイ

ビザの期限が切れているにもかかわらず、日本に滞在している状態をオーバーステイといいます。

オーバーステイは期限を1日でも過ぎるとオーバーステイとなります。

おはよう

またオーバーステイは犯罪です。
3年以下の懲役または300万円以下の罰金が定められています。

オーバーステイになった場合

入国管理局に出頭して言われること「今すぐ出国しましょう」

外国人が一人で入国管理局に出頭して、「在留特別許可の手続きをお願いします」と言うと、

入国管理局から「在留特別許可は難しいですよ。それよりもよい方法があります。日本から今すぐ帰国しましょう」と言われます。

日本からの出国を進められるわけですがこれが出国命令制度です。

 

今すぐ出国すれば1年後には日本に来日できる

警察や入国管理局に逮捕される前に、自分から入国管理局へ出頭して、帰国する意思表示をすれば、通常の日本に入国できない期間が5年から1年に変更されます。

つまり1年後には日本に来ることができます。

この制度を出国命令制度と言います。

出国命令制度により帰国をすれば、逮捕され入国管理局へ収容(逮捕)されることもありません。

1年後には日本に来る在留資格(ビザ)を申請することができます。

特別在留許可を申請しに言った人も、帰国することを選択すれば出国命令制度を使えます。

特別在留許可を申請すると、仮に不許可となった場合には5年間日本に入国することは出来ません。

出国命令制度を使うか特別在留許可を申請するか究極の選択といえます。
どちらの制度を使うかよく考える必要があります。

もちろん、どうしても帰国できない事情がある方もいると思います。
その場合には特別在留許可を申請することになります。

当事務所では、特別在留許可のサポートもしていますので一度事務所までご相談にお越しください。

日本に入国できない期間

1年間  出国命令制度
5年間 警察に捕まった人、過去に1回だけオーバーステイをした人
10年間 過去に2回以上オーバーステイをした人

 

関連リンク

オーバーステイになった場合

 

追伸:外国人ビザはお任せください

行政書士デルタ法務事務所は、日本に滞在している外国人の在留資格・ビザ申請をサポートしています

日本でビジネスがしたい、国際結婚がしたい、ビザを変更したい、更新したい、永住権がとりたい、帰化申請がしたいなど毎日様々なお問い合わせをいただいております

また北は北海道、南は沖縄から、都心部の東京、神奈川(横浜)、埼玉、千葉の首都圏をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸、西宮、姫路)、和歌山、奈良、滋賀の近畿地方、そして、愛知・名古屋、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。

ビザ申請は一人一人状況が異なるので、提出書類や申請書、審査のポイントなどが全員異なります。

私たちは日本全国のビザ申請をサポートしている行政書士事務所です

だからこそあなたに適したアドバイスや書類の作成方法などができると考えています。 外国人のビザ申請は行政書士デルタ法務事務所にお任せください。 LINE@

投稿日:

Copyright© 行政書士デルタ法務事務所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.